クラスTシャツお揃いのデザイン

「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」などお揃いのデザイン

大きなイベントがある場合には、スタッフが色違いであっても同じデザイン・テーマのTシャツを
着ているシーンを見たことがあるでしょう。
テレビでも24時間テレビなどが良い例です。
 
それほど大規模でなくても学園祭や学校でのクラブ活動や同好会で同じTシャツを作った経験を
したことがある人もいるでしょう。
何人かの仲間・メンバーで同じ目標へ向かって達成することを願うのです。
その意思表示としてのシグナルとして「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」を作ることは多いです。
 
心理的な側面から考えても、とても効果があります。
まずは、帰属意識が芽生えます。そして、それがどんどんと強くなってきます。
帰属意識とはどういったことでしょうか?
 
自分が所属しているグループ・団体に対して自分自身が、
その集まりのメンバーであることを実感する意識が帰属意識
です。
クラブ活動や会社に所属している人たちは、一般的にこういった帰属意識を持っています。
帰属意識が高ければ高いほど団体・グループとの一体感を感じます。
メンバーの一人一人が帰属意識を強く持つことで、組織全体の団結力を上げる効果があります。
 
帰属意識は無意識に感じるものであるとされています。
自分の気持ちの中で意識を高めるのは簡単ではありません。
そこでお揃いの「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」を着用することで、
自分もそのグループ・組織・団体の一員だと強く自覚します。
チームワークの繋がりの向上も期待できます。
連帯感・結束力を高めてくれる効果があります。それによってより高い目標設定ができるとも言われています。
 
いかがでしたでしょうか?
「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」を着ることで団結力を強めます。
だからイベントやチームで同じ服装をすることはとても意味深いことなのです。

クラスTシャツ